読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生がゲーム

いやはや

「誰かと一緒のとき」に「何かをした直後」に書く方法

誰か周りにいるときにブログを書くのは難しいです。

全く知らない人ならいいのですが、少しでも知ってる人なら個人的なことは書きにくいです。

ノートにメモしたりスマホで書くならまだいいのですが、音声入力は無理です。

 

できるとしたら、移動して音声入力するか、スマホにメモする方法です。

しかし今の状況だと、ブログを書くのに一番適しているのは行き帰りの電車の中。

帰りはまだ空いているのですが、行きはギュウギュウです。

音声入力はもちろん、スマホにメモするのも一苦労です。

 

やれるとしたら、早めの空いてる時間に電車に乗ること。

早起きは嫌いなのですが...

嫌いなことの努力は長続きしないんですよね。

 

あとは移動中ですね。

外を歩いているときに音声入力でブログを書く。

 

歩いているときに音声入力をして、どれだけ書けるのか試してみます。

僕が持っている音声入力できるアプリは以下の4つ。

音声認識Mail

・Dragon Dictation

Evernote

OneNote

これらを使って、思いついたことを声に出してどれだけの日本語として認識され入力されるのかをテストしてみます。

 

すでに多くの人が音声認識ソフトのテストをしているようですが、多くは用意されたテキストを読み上げてテストをしています。

しかし思いついたことを声に出すときは、読み上げより流暢ではありません。

あーとかうーとか、余計な言葉も入るし、言い間違いもあるでしょう。

そんな状況で、どのアプリが一番いいかをチェックしてみます。