読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生がゲーム

いやはや

記憶力をアップするのは可能か

こんにちは。

しばらく前にこんな本を読みました。

記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック

記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック

 

記憶についての本ですが、記憶術を学ぶための本というより、普通の人がどうやって記憶の技術を学んで世界記憶選手権という大会で優勝するに至ったかを綴った本です。

他にも記憶についての本は読みましたが、この本が一番面白かったです。

Aという技術を学んで練習し、それで壁にぶち当たって、Bという技を学び、試行錯誤を経て大会に優勝するプロセスが興味深かったです。

 高度な技術を覚えるのは最初は無理なので、シンプルな技から覚えてスキルを上げていく。

他のスキルと同じですね。

記憶術が特別なものではなく、誰にでも取得できる技術だと思わせられる本でした。

 

 この本を読み、私も1つの技を試してみました。

・1つの情報を覚えるとき、複数のキーワードをピックアップし、各キーワードに色をつけ、それを繋げて1つのストーリーにする

 

例えばこのニュースの情報を覚えるとするなら、どうすればいいでしょう?

headlines.yahoo.co.jp

デンマーク生まれの玩具・レゴブロックを使った国内初の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が1日、名古屋市港区金城ふ頭でオープンした。」 

 

1. キーワードをピックアップする

デンマーク生まれの玩具・レゴブロックを使った国内初の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が1日、名古屋市港区金城ふ頭でオープンした。」 

 

2. キーワードに色を付ける。色は自分のイメージで適当に

 デンマーク生まれの玩具・レゴブロックを使った国内初の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が1日、名古屋市港区金城ふ頭でオープンした。」 

 

3. 無理やりストーリーにする

「紫色の空から青いレゴブロックが降ってきて、空中で赤いレゴブロックの赤い文字「レゴランド・ジャパン」に変身し、緑の名古屋市が見えてきて、青い港が見えてきて、金の城が見えてきて、灰色のふ頭に突き刺さる」

 

こんな感じでしょうか。

デンマーク生まれの玩具・レゴブロックを使った国内初の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が1日、名古屋市港区金城ふ頭でオープンした。」 

この1行を覚えるだけなら誰にでもできますが、こういうのが100個覚えないといけないとなると、普通に覚えるのは大変です。

でもこういうストーリー(というか動画?)にしてしまうと、覚えるのが一気に楽になります。

「紫色の空から青いレゴブロックが降ってきて、空中で赤いレゴブロックの赤い文字「レゴランド・ジャパン」に変身し、緑の名古屋市が見えてきて、青い港が見えてきて、金の城が見えてきて、灰色のふ頭に突き刺さる」

 

作るストーリーは荒唐無稽だとより記憶に残りやすいのだそうです。

記憶力が悪いと嘆いてるより、こうやって面白い妄想して記憶力をアップするスキルを身につけたほうが楽しいです。

 

私は先週テストがあって300問以上を覚えなければなりませんでした。

内容は難しく、大半は意味が理解できていませんでした。

でも300問の問題と答えを覚えて、7割正解してテストに合格できました。

準備期間は3日間でしたが、上記の記憶術を使ったら覚えられました。

おススメです。

 

楽しく記憶するスキルは欲しいですか?